通販でブルーライトカットメガネを選ぶときに注目するとよいこと

視力回復

この記事を読んでくださっている方は、長時間PCやスマートフォンを使う機会が多くブルーライト対策に何らかの興味を持っている方だと思います。

そもそもブルーライト対策って効果あるの? するべきなの? と迷っている方もいらっしゃると思いますが、私個人の意見としては、やっぱり対策しておいて損はないと思います。

私も長時間PCをいじることが多いので分かるのですが、青色の光を浴び続けると目が痛くなってくるんですよね。実際、ブルーライトをカットするのとしないのでは、対策をしたほうが断然目の疲れ具合が違います。

今回は、PC、スマホ、テレビ……どんな媒体でもブルーライト対策ができる便利アイテム『ブルーライトカットメガネ』の選び方について、私的な意見を交えながら書いていきます。

選ぶ際に注目してほしい点

さて、ブルーライトカットメガネを選ぶときって、ブルーライトのカット率を意識する方が多いのでは? パッケージに書かれたカット率だけを比べて、あとは見た目のデザインで購入を決めてしまったり……。

もちろんカット率もデザインも大事です。ただしそれだけで決めるのは早いです。

というのも、かつて私がこの選び方で失敗したんですよね。
ブルーライトカットメガネって、メガネ屋さんで買うか大型量販店にサンプルでもない限り、実際にかけてから購入することができないじゃないですか。
大抵、箱入りのまま吊り下げて売られていると思います。通販での購入も似たようなものです。

当時の私はまさに、記載されているブルーライトのカット率と見た目のデザインだけで商品を選んでしまいました。そうやって購入したメガネ、そもそもかけられない! といったトラブルはありませんでしたし、確かにブルーライトカットの効果はあるように感じました。

が、しかし。どうにも『かけ心地の悪さ』が気になって仕方がなく、とてもじゃありませんが長時間つけていられませんでした。

悪さ、というのはメガネのフチが視界に入ることだったり、テンプル(つるの部分)がキツくて頭がしめつけられることなど……細かいけど、地味に気になります。
頭をしめつけるテンプルなんて、孫悟空の頭についてる輪っかみたいなものです。

かけ心地がイマイチなので、結局そのメガネはあまり使わなくなってしまいました。

私の経験で分かるのは、メガネは『かけ心地』に考慮すべきであるということです。ブルーライトカットメガネは特に長時間使うことになりますから、かけ心地が悪いと最悪です。ちなみに私は購入のミスを経て以来、今はかけ心地のよいメガネを使っています。

メガネは自分に合ったものを使うのが大事なので、ブルーライト対策用とはいえども、メガネ屋さんに行って実際にかけてみて購入を検討してみてもよいかもしれません。

・・・・・・。

いやいやいや、話が違うじゃん! タイトルに則ってないし、なんで普通に店でメガネ買うの推奨してるの!?

はい。確かにその通りです(笑) タイトルに『通販で』と書いてあるのに、こんなオチで終わらせるわけにはいきません。

さてここからは、タイトルのとおり通販での購入を前提に話を進めていきます。通販でかけ心地の良いメガネを見つけるにはどこに注目すべきか? 簡単にお話ししていきますね。
大型量販店などでパッケージだけ見て購入する場合にも参考になると思います。

では少しでも快適に作業するために、購入時に確認すべき四つのポイントをお伝えします。

注目ポイント

レンズの色
メガネの軽さ
フチの有無、または天地幅(レンズの縦幅)
フレームが頭にフィットする、または柔軟性があること

ではひとつずつ見ていきましょう。

レンズの色

これは意識されている方が多いかもしれませんね。

ブルーライトカットメガネは、レンズが薄茶色のものと透明なものが多いように見受けられます。
どの色が良い悪いはありません。ご自身の環境に合ったものを選んでいただけたらいいと思います。

ただ、もちろんですが、レンズが茶色いものは視界も茶色くなります。
事務作業をする程度であれば色付きのレンズで構いませんが、デザイン系のお仕事をされている方や色彩にこだわる方は、色のついていない透明なレンズをおすすめします。

私も趣味でゲーム制作をしている身なので、レンズは透明のものを使用しています。

レンズが透明だとその分ブルーライトカットの効果が薄いんじゃないの? と思ってしまうかもしれませんが、透明であってもカット率の高さを誇る商品がたくさん出ていますし、私的にもこれで十分だと感じております。

メガネの軽さ

当然ですが、軽いほうが耳が痛くなりません。長時間かけても快適です。

私はチタン製のメガネを愛用しています。本当に軽いです。

フチの有無

私の経験的にはフチなしメガネ(フレームレス)がおすすめです。

私が初めて使ったブルーライトメガネはフチありでレンズ幅がそこまで広くない、いわゆる標準的なタイプのメガネでした。一見問題ないように思えますが、常にフチが視界に入ってしまうのでかえって目が疲れてしまったんですよね。

フレーム有りは特に、メガネをかけ慣れていない方にはおすすめしません。

今はフチなしメガネを使っていますが、視界が遮られることがなくなったので、目の疲れが大幅に減少しました。もしフチなしが厳しいようであれば、上のみフレームがついている半フレームタイプや、天地幅(レンズの縦幅)の高いフチありメガネをおすすめします。

フレームの柔軟性

ブルーライトカットメガネは、フレームがプラスチックでできた製品が多く、そのほとんどがテンプル(つる)の開きに限界があるタイプのものです。

このタイプで頭にフィットすれば問題ありませんが、人によっては窮屈に感じたり、逆に大きすぎてずり下がる場合があります。
かつての私のように、頭のサイズに合わない商品を買ってしまう可能性もあります。

とはいうものの、通販で買う場合、そのメガネが自分の頭にフィットするものであるかを確かめるのが難しいですよね。試しがけをするためにメガネ屋さんで買うのもよいですが、フレーム代だけでも高くつく場合もあります。難しいところですね……。

そこで、既にメガネを持っている方であれば、一度フレーム幅を測ってみるのをおすすめします。そうすればサイズの合わないメガネを買うリスクを減らせます。

初めてメガネを購入する方であれば、テンプル(つる)がある程度左右に広がって頭にフィットする、柔軟性のあるタイプをおすすめします。もちろん、メガネを持っている方にもおすすめです。

おすすめ一覧

以上、私的なおすすめブルーライトカットメガネの特徴でした。

機能性よりも『かけ心地』が大切であること。これが今回お伝えしたかった内容です。

最後に、私が愛用しているメガネを紹介しようと思ったのですが……残念ながら通販での取り扱いが終了していました。

一応、画像だけでも載せておきますね。

代わりに、私の使っているものに近い商品がアマゾンで売られていたので、そちらを紹介させていただこうかなと。

どちらも軽いチタン素材です。ついでに会社も一緒です。(Cyxusであることにこだわりは持っていません)

私がおすすめするのはフレームレスのメガネです。少々お高めですが、高機能な上に高級感もあるので仕事場でも問題なく使えます。もう一つ紹介している半フレームタイプであれば、1000円ほど値段が下がります。

とまあ、ここに掲載している商品に限らず色々探してみればよいと思います。
メガネによっては2000円前後で買える商品もありますので、オサイフと相談しながら検討してみてくださいね。

後悔のない、自分に合ったピッタリのメガネが見つかれば幸いです。

ブルーライトカットメガネ ( Amazonで商品を探す )