ボードゲームはいかが?

2020-05-02おもちゃ・ゲーム

今回は息抜きに、大人も子供も楽しめる、簡単ルールで奥深いボードゲームをご紹介します。

はいコチラ、Blokusという陣取りゲームです。おもちゃ屋さんで見かけたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

4人用のゲームですが、3人、2人でも遊べます。私は2人対戦で楽しんでいます。

一人一色のピースを使い、ボードを最も多く埋めた人が勝ちになるという単純ルールですが、これがなかなか奥深いんですよ。 というのもピースを戦略的に置く必要があるからです。

細かなルールは割愛しますが、ピースの置き方だけ説明しますね。

ピースが置ける場所は「同色のピースの角同士が接している」かつ「同色の辺同士が触れない場所」のみです。

角同士が接している&辺同士が触れていないのでOK

辺同士が触れているのでNG

変わったルールですよね。しかしすぐに慣れます。

陣取りゲームなので、相手になるべくピースを置かせないようにすればよいのですが、これがなかなか頭を使います。自分の置き場所(陣地)を増やすには敵の侵略を抑える必要がありますが、『同色の角が触れるようにピースを置く』というルールが特に守りを難しくします。

角同士が接する置き方……つまり『斜め置き』ができるので、自分、または敵が置けない隙間に別の色のブロックが置けちゃうのです。

赤のピースが緑の置けない場所に侵入してきました。こうすることで赤は、比較的緑側が置きやすい左下、右下を攻めることができるようになりました。

こうなると緑は、赤の侵入をブロックするか、自分の置ける範囲を広げる(侵略する)か、はたまた別の戦術をとるか……などの選択を迫られます。
ブロックす(る)= Blokus(ブロックス)、なんてね。

……。

ここが面白いところだと、私は思いました。

上の写真は2人対戦をしたときのものです。1人につき2色使って勝負しました。

Blokusは細かなルールがないので、ボードゲームに慣れない人でもとっつきやすく、脳トレにもなります。お子様と楽しむのもよいでしょう。
ただし、ピースは大人の指でも掴めるほどのサイズですが、小さいので紛失・誤飲にはお気をつけくださいね。また、踏んで割ってしまわないよう、テーブルの上で遊ぶのをオススメします(^^;)

一試合おおよそ20分位でしょうか。飲み物片手に勝負するのも楽しいですよ〜!